PM+S ニュース

インドネシア・タンゲラン 生産施設空調設置プロジェクト 発注内示書交付・秘密保持契約調印式

従来インドネシアの生産施設は空調設備のない自然換気型が主流でした。

近年のインドネシアは、ジャカルタ首都圏を中心に大気汚染が深刻化し製品への影響も懸念される環境になってきました。

また作業環境の向上を目的として工場屋内温度を30℃以下とすることも法制化されました。

このプロジェクトは、これらの対策として稼働中の大型生産施設の自然換気用開口を遮蔽し空調設備を実装するものです。

去る7月5日ジャカルタ市内で、総合評価型技術提案プロポーザルにより選定された設計施工者 きんでんインドネシア㈱様への事業者様からの

発注内示書の交付と両者間の秘密保持契約の調印が行なわれました。


プロジェクト期間          2017年2月~2018年3月

工事期間             2017年7月31日~2018年3月31日

空調対象面積              26.400㎡

  

秘密保持契約書への署名(左より事業者様、弊社社長、きんでんインドネシア西岡社長様)
事業者様からの発注内示書交付