ライフサイクルマネジメント

プロジェクトマネジメントとはPM+Sの役割 ライフサイクルマネジメントプロジェクト実績

ライフサイクルマネジメント(LCM)とは建物のライフサイクルに沿って、その機能・性能の維持と効率化のために、最適な対応策を実施していく管理活動です。

LCMとLCC(ライフサイクルコスト)

計画段階から次期計画段階に至るまでの総費用をライフサイクルコスト(LCC)と言います。
初期投資(イニシャルコスト)に対し、ランニングコストはその数倍を要します。
ランニングコストを予め算定しておくことで、建物本来の機能・性能を計画的に維持することができます。
LCCの中で、修繕費、更新費を年次的に算出したものがLCM計画(長期修繕計画)です。

LCMとLCC(ライフサイクルコスト)

LCMとリニューアル

建物は竣工時の性能を維持するための定期修繕・更新だけではなく、社会環境の変化や技術の進歩により、建物の性能を向上させなければならないことがあります。
これがリニューアルです。
リニューアル後の修繕・更新工事を効率よく実施するためにLCM計画の改訂が必要となります。

LCMとリニューアル

LCM計画の活用例

  • 定期的な建物修繕・更新による、機能・性能の維持
  • 計画的な修繕・更新による建物の長寿命化、資産価値の維持
  • 必要な修繕・更新項目・時期並びに所要費用の事前予測
  • 中長期経営計画のデータとしての活用
  • B/S(簿価、資産)、P/L(資本的支出等)を考慮した修繕・更新時期の判断指標
  • 建替え時期の目安となる損益分岐点の予測

PM+SのLCM計画

PM+SのLCM計画フロー

 

国内外共通のPM+Sオリジナルフォーマットを用いて、建物の修繕・更新についてあらかじめ予測します。
弊社ではLCM計画策定後の運用状況の監視と修繕・更新工事の監修も行います。

PM+SのLCM計画

TOTAL LCMのご提案

TOTAL LCMのご提案

弊社はランニングコストの総費用の合理化を実現するために、
修繕費、更新費だけでなく、エネルギー費、保守・管理費、清掃費、損害保険料等を含めたTOTAL LCMの策定を推奨しています。